有効な消毒液はアルコール?エタノール?実は・・・【おすすめの商品も紹介】 | 腰痛を繰り返させないカラダをつくる川越の楓整体院

有効な消毒液はアルコール?エタノール?実は・・・【おすすめの商品も紹介】

消毒する手

コロナウイルスに本当に有効な消毒液は?とかアルコール以外に何か無いの?と思った方がこちらに来られたのではないでしょうか?

この記事では

  • アルコール以外にどんな消毒液がおススメ?
  • 消毒液を使い分けたい
  • 安全なおすすめ商品はある?

これらを解決したと思います。

おススメは次亜塩素酸水「安全、強力」

聞いたことある方も多いのではないでしょうか?

実はこの次亜塩素酸水、アルコールよりも安全で効果が高いとされています。(厚生労働省も認可)

似たものに次亜塩素酸ナトリウムという手指消毒には向かないものもあるので気をつけましょう。

内容はいいから商品を教えてという方はこちら

ウイルスの抵抗力

ウイルスにはエンベロープ(ウイルスを覆う膜)と呼ばれる膜の有るものと無いものが存在します。

この膜のあるウイルスは薬剤に対して抵抗力が低いと言われています。

サラヤ株式会社さんから

膜にアルコールが付着すると膜が壊れ中のウイルスは死滅します。コロナウイルスは膜のあるタイプなので薬剤への抵抗力は弱いと考えられています。

消毒薬の効果

上の表から一般的に使われるものの効果を上げていきたいと思います。

アルコール

消毒用アルコール(70%)、消毒用エタノールというのが一般的です。イソプロパノール(IP)が含まれているものがありますが、効果は変わらないそうです。エタノールの方が税の関係上、効果になるのでIPが含まれている方が安価になります。

エタノールとアルコールは同じと考えてよいようですが、メタノールには注意。メタノールは失明などを起こす危険な薬剤です。

効果はウイルスから最近まで幅広く効果があります。流行している新型コロナWにも有効とされています。

  • 効果:ウイルス、細菌、真菌
  • 適用:手指、環境
  • 注意:消毒用アルコールは正常な皮膚には有効ですが、傷などがある場合は禁忌になります

次亜塩素酸ナトリウム

塩素系漂白剤などに含まれる薬剤です。塩素系漂白剤を薄めて消毒薬を作る事ができます。


こちらはアルコールよりも効果が強く、細菌芽胞と呼ばれる硬い殻を持った強い細菌にも効果があります。
金属以外の消毒に用いられます。

イメージできると思いますが漂白剤が元なので手指消毒には向きません。

  • 効果:細菌芽胞、ウイルス、細菌、真菌
  • 適用:環境(金属以外)
  • 注意:金属は錆びます。手指は手荒れします。

次亜塩素酸水

次亜塩素酸水とは塩酸などを電気分解することで作られる次亜塩素酸(有効塩素)を含む電解水です。

厚生労働省も認める安全かつ除菌効果の高い水です。(次亜塩素酸ナトリウムと同等)

除菌後は普通の水に戻るので、赤ちゃんにも使えるほど安全です。

用途は広く、加湿器で噴霧すれば空間除菌に、生ごみにかければ消臭にも使えます。

  • 効果:細菌芽胞、ウイルス、細菌、真菌
  • 適用:手指、環境
  • 注意:紫外線に弱い(保存に注意)

アルコールも次亜塩素酸も有効

用途を分けて有効に活用しましょう。

アルコールは品薄なようなのでおススメは次亜塩素酸水です。

私はiPOSH(アイポッシュ)という商品を使っています。スプレータイプなのでどこでも手軽に使えます。

iPOSHをもっと詳しく知りたい!(企業サイトへ)

近くの薬局でも手に入ります。店頭に出していない場合があるので店員さんに聞いてみてくださいね。400mlで1000円前後だと思います。

紫外線に弱く分解されてしまうので、保存や使用する容器は遮光性の物を選びましょう。

今回はよく聞くもの今わかっている有効な除菌方法をまとめましたが、現時点での情報なので今後も新情報がわかり次第更新していきます。

関連記事(別サイト);次亜塩素酸水の使い方まとめ【注意点、おすすめ商品も紹介】

参考;

健栄製薬株式会社

サラヤ株式会社

中野区ホームページ

株式会社サライ

(一財)機能水研究振興財団

コメント

タイトルとURLをコピーしました