椎間板ヘルニアに整体は有効か? | 腰痛を繰り返させないカラダをつくる川越の楓整体院

椎間板ヘルニアに整体は有効か?

腰が痛い男性のイラスト

椎間板ヘルニアという診断を受けたことのある人は 多いと思います。よく耳にする症状なので不安になる方もいるのではないでしょうか?

この記事では、症例を紹介しながらヘルニアについて説明していきたいと思います。

この記事を読むことで

  • ヘルニアとはどんなものなのか?
  • ヘルニアは腰痛など痛みの原因になるのか?
  • ヘルニアになると痛みがなぜ出るのか?

がわかるようになります。

あなたの不安が少しでも解消されたら嬉しいです。

ヘルニアは腰痛の原因??

神経を圧迫することで痛みが出るという症状。 これを疑問視している整形外科の先生方がいらっしゃいます。AKAという仙腸関節テクニックの片田重彦医師、 石川県の慢性腰痛の名医・加茂淳院長などです。

先生方曰く、ヘルニア、狭窄症の9割は誤診。 画像診断ありきの診断が生み出した結果だそうです。医師はXPやCT,MRIなど画像診断が進んだため 触診や検査をあまりしないことが多いようです。 しかし、画像ではわからない体の問題は山ほどあります。

私たち施術者は画像診断を使えないので手の感覚、知識、経験で判断します。

そもそも椎間板ヘルニアとは?

ヘルニアのイラスト

椎間板ヘルニアは背骨と背骨の間にある椎間板という 軟骨が圧迫などの外力によって外に飛び出し 近くにある神経を圧迫しその結果出る痛みやしびれが主な症状です。

MRI、CTで腰椎や頸椎の状態が簡単にわかるので 椎間板ヘルニアという診断をもらった方はとても多いと思います。

関連記事;整体(手技療法)で椎間板ヘルニアは治るの?

症例

先日、首から腕にかけての強い痛みで整形外科を受診し、 ヘルニアと診断され、手術を勧められた方がいらっしゃいました。 初めてお会いしたときは頸椎カラー(首を支えるために巻く装具)をして 首の動きもかなり悪い状態でした。

検査、問診から施術をして現在出ている症状はヘルニアに要るものではない と判断し施術を継続させてもらいました。

現在まで3回ほど来ていただいていますが 痛みの程度が軽くなり頸椎カラーに頼ることも少なくなったようです。 強い痛みも夜に少し出ることもあるとのことでした。⇒現在はカラーなしです。

とりあえず手術を回避できてよかったのですが、 圧迫しているはずのヘルニアの痛みがなぜ軽減したのでしょうか?

神経を圧迫すると痛みが出るのか?

解剖学的に言うと正解はノーです。 なぜか? 痛みセンサーは神経の末端にあり途中にはないからです。神経の管が圧迫されても痛みは感じ取れないんです。 ヘルニアがどんなに神経の通り道を圧迫しようが そこにセンサーは無いので痛みは感じません。もし、本当に圧迫があり完全に神経の信号が 遮断された場合、その先はマヒします。 痺れや痛みではなくマヒです。

では、痛みや痺れはなぜ出るのか。

痛みや痺れは神経の圧迫ではなく、 筋肉の緊張による血流の悪さが原因であることがほとんどです。 筋肉を緩めてあげるだけで症状が変わることが多いのです。初めにお話ししたお客様への施術内容は首をいじったわけでなく、 骨をいじったわけでもなく筋肉を緩めただけです。

まとめ

お医者様に診断されるとそれに疑いを持たないことが多いと思います。 ですが、自分の身体にメスを入れるか入れないかはとても大きな問題です。 痛みが強い=神経、骨の異常=治らないというような 感覚に陥ってしまいがちですが、 一度冷静になって他の視点から見てみることも必要なのではないでしょうか?

今お悩みの方の参考になればと思います。

関連記事;整体(手技療法)で椎間板ヘルニアは治るの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました