【川越の腰痛改善】腰痛エクササイズ:ももの前側ストレッチ | 腰痛を繰り返させないカラダをつくる川越の楓整体院

腰痛エクササイズ:ももの前側ストレッチ

ヨガをする女性の画像

このエクササイズは、

  • 反り腰で腰が詰まるように痛みがある
  • 体を後ろに反る動きをすると腰が痛む
  • ももの前側が硬くなっている
  • 立ち仕事をしているとだんだん腰が辛くなる

そんな方に試していただきたいです。

ももの前側を伸ばすエクササイズ

四頭筋ストレッチ1

➀ベッド又は椅子の横に立ちます。

➁伸ばす側の膝をベッドに乗せます。この時体の中心よりも膝が後ろに来るようにします。

➂伸ばす側の足をお尻に引き寄せます。この時に太ももの前に痛みが出る方は硬くなっています。骨盤が前に引っ張られていることが考えられます。

四頭筋ストレッチ2

※踵がお尻につかない方はももに痛みやハリが出ていれば無理につける必要はありません。太ももの前側が伸ばされていればOK!

➃そのまま深呼吸を3回から5回行います。(息を吐くときに筋肉は緩みやすいのでゆっくりと息を吐きましょう)

➄反対の足も行います。

腰痛はなぜ起こるのか?

まず、腰痛は腰のどのような状態で起きるのかを考えます。

腰に不安や痛みを抱えている方は腰のストレッチをして伸ばしたり緩めたりしたいと考えてしまいませんか?

実は腰の骨(腰椎)は主に支えることが仕事であまり動くように作られていません。

例えば、捻り(回旋)の動き。腰椎は5つで構成されていますが、全部合わせても5度しか捻ることができないと言われています。

これ以上の捻りの動きは腰に負荷がかかり痛みが起こると考えられます。

実際皆さんが体を捻った時はもっと捻ることができるけど?と感じるのは腰以外の関節が動いた結果です。

もし、腰以外の関節の動きに制限が起きてしまったらその動きを補うために腰がもっと動こうとして痛みが出ます。これが腰痛として感じる痛みです。

腰痛を解消するには?

制限が起きているから腰が動きすぎて痛みが出ているという事がわかりました。

ならば制限が起きている関節の制限をなくしてあげることができたら腰が動きすぎる必要が無くなりますよね?このためにストレッチをしていきましょう。

関節は筋肉によって動かされます。その筋肉が硬く縮むことで制限が生まれます。なのでストレッチで筋肉を動かし制限をなくしていきましょう。

反り腰の腰痛

腰痛の方で多いのが反り腰の所為で起きている腰痛です。腰が詰まるような痛みがあったり後ろに反る際に痛みが出るような症状があると思います。

ではなぜ反り腰が起こるのでしょうか?

骨盤についている筋肉を見ていくとももの前側にある筋肉が骨盤の前側についています。

この筋肉が縮むことで骨盤を前側に倒してしまい、腰が反るような形を作ってしまいます。
この筋肉をストレッチしていきます。

安全のため開いている手で壁などしっかりしたものに摑まって行ってください。また、腰に痛みが出るような強さで行うと逆効果になります。無理はしないでコツコツやっていきましょう。

ストレッチ前後で前屈、後屈のやりやすさなどをチェックしてみると変化を実感しやすいのでお勧めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました