水分量と痛みは関係するの? | 腰痛を繰り返させないカラダをつくる川越の楓整体院

水分量と痛みは関係するの?

水道水の画像

水分を取りましょうと言われますが、体の水分不足がどのような影響を与えるのかはぼやーっとしていないですか?今回の記事ではその点をわかるようにしていき、

  • 水分不足が体に与える影響は?
  • 水分不足による症状は?
  • どのくらい飲んだらいいの?
  • 何を飲んだらいいの?

これらを解決していきます。

水を飲むだけで痛みが軽減

ビンの水の画像

イラン人医師のバトマンゲリジ博士は薬がなく胃痛で苦しんでいる囚人に2杯のコップを飲ませたところ胃痛が数分で治まるという不思議な現象を経験しました。後日、胃潰瘍で苦しむ囚人にコップの水を飲ませたところ痛みが軽減、さらに飲ませると痛みが4分で無くなったそうです。

このことから””人間の症状は水分不足が引き起こしている””ことに気が付き、水だけで3000人もの患者を改善させたそうです。人間は成人になった時から少しずつ“渇き”の感覚が失われていくため、慢性的かつ断続的な脱水状態になっています。

水分が不足すると痛みを感じやすくなる

砂漠の画像

体の水分が不足すると

  1. 水を飲む
  2. 体内の水分を再分配する

のどちらかで解決しようとします。

水分の再分配とは水が必要な部位に今は水分が必要でない部位から振り分けるという事です。

再分配の時にはヒスタミンという化学物質が活性化されます。さらにこの時に使われる物質のプロスタグランジン、キニン、PAFが増えるのですがこれらは知覚神経に触れると痛みを引き起こす作用があります。

面倒な話になってきましたが、簡単に言うと慢性的に水分不足の人は常に痛みを感じやすくなっているということです。

水分不足による症状

博士によると水分不足の症状は

  • 胸やけ
  • リウマチ
  • 狭心痛
  • 腰痛
  • 間欠性歩行障害、
  • 片頭痛
  • 二日酔いの頭痛
  • 大腸炎
  • 便秘    その他多数の症状

があるそうで、これらの症状を疑った場合、薬の前に水を飲むべきだと言っています。

人間の水分量の表

図A:体の水分量

図Aのように、特に高齢の方はもともとの体液が減っている上に渇きの感覚も失われているので症状は出やすいと言えます。

唇が渇くのは水分不足の最後にでる症状だそうで博士によると末期らしいですよ。唇が渇く前に水を飲みましょう

どれだけ水を飲めばいいの?

水分量の表
図B:一日に必要な水分量(体重別)

飲む量に関しては諸説あるのですが、図Bがわかりやすいと思います。あなたの体重に43.6をかけると必要な水分量がわかります。

参考; 健康情報サイト「Health & Love Page」より

例えば60㎏の方なら2.6ℓ必要になるのですが、一日に2.6ℓって多いですよね?

安心して下さい。これを全部飲む必要はありません。

人間の体内では、酸素を代謝するときに0.3ℓの水を作り出しています。さらに食事で0.9ℓ前後の水分を取っているので合計1.2ℓは自然に体に入っています。つまり、残りの1.4ℓを飲むように心がければ大丈夫です。

食事でとれる水分量はもちろん食事内容に左右されるので、意識して水分の多いものを食べるようにしましょう

飲料は水じゃなきゃ痛みに効果なし?

コーヒーの画像

飲むものなのですが、カフェインの有る無しは関係なく水分としてカウントしてOKです。これは ILSI North Americaの水分補給検討委員会議長を務めるマキシム・ビュイックス博士によるもので、飲料に含まれるカフェインの利尿作用に比べたら飲料そのものに含まれる水分の方が圧倒的に多いので水分補給に影響はないと言っています。

※博士は大学生を研究対象として研究し、利尿作用のある飲料、無い飲料を比較し水分吸収に差がないことを確認しています。

参考; ILSI Japan(特定非営利活動法人 国際生命科学研究機構)、ILSI North America 水分補給のサイエンス ―これからの水分補給を考える―

ただし、腎臓、心臓の機能に問題のない人に限ります。また、一度に飲むのは水中毒の恐れがあるので危険です。少しづつ飲みましょう。

まとめ

フルーツドリンク

水分の必要性がわかっていただけましたか?途中に難しい話が出てきたりしましたが簡単にお伝えするといかにようになります。

  • 水分をしっかりとると痛みが軽減します。
  • あなたの様々な症状は水分不足が原因かもしれません。
  • 一日に1.3~1.5ℓ飲めればOK(体重によって量は変化します)
  • カフェインの有る無しは関係なく飲んでOK(カフェインの摂取を推奨しているわけではない)

先日、お客様が明け方のこむら返りが痛いとおっしゃっていました。水分のお話をして後日から一日に1.5リットルを目標に毎日できるだけ飲むようにされた結果、朝のこむら返りが無くなったそうです。

明け方のこむら返りの原因はすべてが水分不足ではありませんが、やっぱり水は大切なんだなと思った出来事でした。

体によくわからない不調を抱えている方はぜひ積極的に試してみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました