カラダへの負担を柔らげると〇 | 腰痛を繰り返させないカラダをつくる川越の楓整体院

カラダへの負担を柔らげると〇

あるお客様は左足の違和感に悩んでいました。

歩行時は良いのですが、立ち上がった時やただ立っているときにその症状が現れていました。

結論から言うとこの方の症状は上半身の姿勢にありました。

自然に立っている姿勢がすでにやや前傾だったんです。そこから前傾をやや強めると違和感が増し、後傾させると違和感が無くなりました。

本人の感覚ではやや全景が普通の角度なので真っすぐ起こした状態は後傾しているような感覚のはずです。

いかに体に負担をかけないかを意識する

あとは本人の意識と努力が必要なのですが、ただ痛み・違和感に意識を向けるのではなく違和感の有る無しと上半身の角度が連携していることを繰り返し認識してそれを修正していきます。

日常でいかに体に負担をかけないが痛みを起こすか起こさないかに関わってきます。

その意識の先に腰痛解消、肩こり解消があるんですね。

カラダに負担をかけない意識を習慣化していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました