【川越の腰痛改善】整体(手技療法)で椎間板ヘルニアは治るの? | 腰痛を繰り返させないカラダをつくる川越の楓整体院

整体(手技療法)で椎間板ヘルニアは治るの?

腰に手を当てる女性

画像診断技術が進歩してどこでも高度な画像診断が受けられるようになっているのでヘルニアと診断される方は多いと思います。

ヘルニアと診断されると”今ある腰痛、肩、頸の痛み、痺れともう一生付き合っていかなければならない”と考えちゃう方が多いんです。これは今までの固定概念、先入観がそうさせているんです。

この記事ではその固定概念、先入観を変えられたらと思っています。それを解決するために以下のことを書いています。

  • ヘルニアは手技療法で治るのか?
  • そもそもヘルニアって何なんだ?
  • ヘルニアと痛みの関係
  • 痛みの改善に必要な事

ヘルニアの症状は手技療法で改善します

手技を受ける男性

ヘルニアの症状は神経の圧迫によるものではなく血管の圧迫によるものなので手技療法でも改善します。ただしすべてではありません。症状にもよります。

そうは言っても、ほんとかよっ!簡単に言うな!ってなるのでここからそう言える理由をお伝えしていきますね。

ヘルニア”って何?

ウィキペディアによると”ヘルニア”とは、「体内の臓器などが、本来あるべき部位から「脱出・突出」した状態を指す」だそうです。つまり飛び出しちゃったものをヘルニアと呼びます

ヘルニアはカラダのあちこちで起こるのでたくさん名前があります。

  • 椎間板ヘルニア・・・背骨の軟骨が飛び出したもの
  • 齊ヘルニア・・・・へそのヘルニア。一般にはでべそ。
  • 鼠経ヘルニア・・・股関節の前から腸が飛び出す。一般には脱腸。

他にもたくさんありますが上に挙げたものに普段聞くものもありましたよね。

ヘルニアは治る?治らない?

悩む女性

ヘルニアは治りません。と言われたらあなたはどう受け取りますか?ここはすごく大事だと思うんですよね。たぶん何も知らない自分がお医者様に言われたらこの痛みは治らないのか・・・って受け取ると思います。ですが、冷静に考えるとざっくり2通り考えられます。

  1. 飛び出しているヘルニア自体が治らない。引っ込まない。
  2. ヘルニアの症状が治らない。痛みが消えることはない。

ちゃんとヘルニアの知識を持っていれば1の意味で受け取ります。でも、知らずにこれを言われたら2の意味に受け取るでしょう。

飛び出した軟骨は自然に消えるという意見もありますが、時間はかかるでしょう。削り取るなど何か手を加えなければおあのまま残ると思います。そういう意味ではヘルニアは治りません

では、ヘルニアの症状はどうでしょう。あなたのヘルニアの症状は姿勢や態勢によって変化しませんか?入浴や温熱療法、マッサージを受けた後は痛みが軽減しませんか?
ヘルニアが神経を圧迫して痛みや痺れがあるはずなのにそこに変化を与えず痛みや痺れが変わるのって不思議じゃないですか?

椎間板ヘルニアは痛みと関係ありません

ここではいくつかの比較検査を例に挙げてみます。

  • 椎間板ヘルニアと診断された強い腰下肢痛を訴える患者46名と、年齢、性別、職業などを一致させた健常者46名の腰部椎間板をMRIで比較した結果、健常者の76%に椎間板ヘルニアが、85%に椎間板変性が確認された。
  • 20~80歳までの腰痛未経験者67名を対象にMRIで腰部椎間板を分析した結果、21~36%に椎間板ヘルニアが、50~79%に椎間板膨隆が、34~93%に椎間板変性が確認されたことから、手術の選択は慎重にすべきと結論。
  • 腰痛患者100名と健常者100名を対象に腰部X線写真を比較した研究では、両群間の腰仙移行椎、脊椎すべり症、潜在性二分脊椎、変形性脊椎症の検出率に差は認められなかった
    画像検査による脊椎の異常所見は本当に腰痛の原因か? 

上記の内容はこちらから抜粋させていただきました

上にいくつか腰痛患者と健常者の比較検査のデータ結果を示しました。健常者の76%が椎間板ヘルニアなんです。でもなんともないんです。このことからわかるように痛み、痺れと椎間板(ヘルニア)や脊椎の変形とは関係がないという事がわかっています。

ヘルニアの症状は保存療法(手技療法)で改善することができる

物理的な変形やヘルニアが関係ないという事がわかっているので手技療法でも改善することはできると言えます。
ただし、完全なマヒがあったり、神経の働きとして異常がある(例えば失禁する、完全に力が入らない動かないなど)場合は例外です。

痛みの改善はリラックスと循環を高めること

街を歩く女性

ヘルニアや変形が痛みや痺れと関係がないとなると何が問題なのか?ですよね。痛みを作り出しているのは循環不良による酸欠です。その循環不良にヘルニアや変形が関わっていないのであればあとは筋肉など軟部組織を疑うしかありません。

関連記事:痛みのブログ

ここで先ほど伺った入浴やマッサージで痛みが変化するという事を思い出してください。入浴やマッサージで筋肉が緩んだ時はいくらかでも症状が変化するのであればそこに問題があると思いませんか?

筋肉が固くなることで痛みが出るので硬くならないように日常から意識することが大切です。硬くなる原因は幾つかあります。

  • 無理な体制で体を使い過ぎ(余計な力み
  • 運動不足、水分不足(循環不良
  • 痛みのことを考えすぎ(痛みを自ら増幅している
  • 日常で抱え込み過ぎ(ストレス過多、自律神経の乱れ

これらに思い当たることはありませんか?
痛みの改善は今までの日常に原因が潜んでいます。今までの当たり前を壊してみませんか。何かを始めるのもよし、当たり前をやめるのもありです。考え方ひとつで今の痛み、痺れは改善できるはずです。

まとめ

まとめると椎間板の飛び出しが神経を圧迫しても痛みとは関係がないという事です。 いかがでしたか? ヘルニアの認識が変えられましたかね?真実を知ることで見え方が変わると思います。

あとは循環を悪くしている部分を改善して今の痛み、痺れを軽減していきましょう。ヘルニアの認識が変わっていればすでに今までの当たり前は変わっています。改善するはずです!

この記事がお役に立てたらうれしいです。

コメント

  1. […] 関連記事;整体(手技療法)で椎間板ヘルニアは治るの? […]

タイトルとURLをコピーしました