ブログ

2019.02.26

内臓の働きを知っておこう!肝臓編

院長の写真

川越の楓整体院 市ノ川です。

今回もご覧いただき有難うございます。

今回は内臓シリーズ、肝臓です。
肝臓はアルコールの分解だけでなくいろんな仕事を抱えているんです。

目次

1.場所
2.構造
3.働き
①代謝
➁胆汁生成
➂循環
➃解毒
4.関与するホルモン
5.まとめ

1.場所

内臓のスケルトン画像図の中で中央の赤い臓器が肝臓です。肋骨に隠れるように横隔膜のすぐ下に胃と隣り合わせで存在します。重さは1~1.2キロと重く人体最大の臓器です。

2.構造

肝臓は門脈を境に右葉左葉に分かれています。そして肝臓につながる3つの多きな血管が存在します。
門脈:小腸など他の臓器で取り込まれた栄養素を肝臓へ運ぶ血管。
肝動脈:酸素の多い血液を肝臓へ運ぶ血管。
冠静脈:肝臓で作られた栄養素や処理された物質を心臓へ運ぶ血管。

胆嚢:肝臓の下に位置する臓器で肝臓で作られた胆汁を貯めている袋。
胆管:胆汁の通り道。

3.働き

肝臓には主に4つの働きがあります。順に説明します。
①代謝
糖質、脂質、蛋白質の3大栄養素を酵素、ミネラル、ビタミンを使って分解、代謝させエネルギーとします。
➁胆汁生成
胆汁は一日に1リットル作られ、脂肪酸、コレステロール、過剰カルシウム、リン酸、水溶性代謝物などが含まれています。
また次のような働きがあります。
・脂肪の分解(消化液:リパーゼ)
・体内のPH調整(胆汁はアルカリ性)
・解毒(腸に捨てられた胆汁と有害物質は食物繊維に吸収されて便として排泄され解毒完了となります)
・免疫(細菌、寄生虫、バクテリアから身を守ります)
➂循環
心臓、肺、腎臓と協力し血液を体に循環させます。例えば、アルコールを飲んでいなくても心臓の弱い人は肝臓ら他の臓器が頑張らなければいけないので疲れやすくなるなどが考えられます。
➃解毒
肝臓では毎分2リットル近くの血液が流れ、重金属や科学的化合物、微生物性化合物、蛋白質代謝の分解物、細菌を99%浄化しています。
解毒の方法は3つあります。
A.血液のろ過
腸から流れてきた細菌などが肝臓でろ過されます。
B.胆汁の排出
コレステロール、ヘモグロビン分解物、余剰カルシウムなどが胆汁と一緒に腸へ排出されます。
C.第1.2相解毒システム
難しいので簡単に説明しますが、酵素やビタミンを使って薬物や有害ミネラル、アルコール、たばこなどあらゆる物質を段階的に中和するシステムです。
この時に多くの栄養素が必要となります。
マグネシウム
ビタミンC
亜鉛

硫黄
グルタチオン
タウリン
メチオニン
ビタミンA
ビタミンB2
グルタミン
アルギニン
セレン
などです。聞きなれないものもありますが栄養ドリンクで見かける栄養素がありますね。このように肝臓が働くには多くの栄養素が必要となります。不足すると中和できない→毒素が残る→不調という事が考えられますね。

4.関係するホルモン

・ビタミンD3
腎臓との連携で不活性のビタミンD3を活性型ビタミンD3にします。活性型ビタミンD3は腸からのカルシウム、リンの吸収を促進させる作用があります。
・アンジオテンシノゲンの産生
血圧に関与するアンジオテンシンの元になる成分を作っています。
・女性ホルモン
女性ホルモン(エストロゲン)のコントロールをしています。男性の場合、女性ホルモンを取り除く働きがあります。

5.まとめ

肝臓には多くの働きがあり、肝臓に働いてもらうためにはいろいろな栄養素が必要となります。肝臓の働きが悪いと疲れやすくなり、解毒もうまくいかず、また疲れやすくなるといった悪循環が生まれます。アルコールのように取りすぎると害になるものを避けるだけでなく、まんべんなく栄養素を取り入れることを意識して内臓に元気に働いてもらいたいですね。

今回も最後までご覧いただき有難うございました。

腰痛など慢性症状でお困りの方ご相談ください。

脚をスッキリさせたい方。
脚のサイト出来ました。
https://kenkou.kaedeseitai.com/
LINE友だち登録後、
「脚のセルフケア」
とメッセージ頂くと
脚のセルフケア動画5本プレゼント!!

友だち追加
👈友達登録はこちらから

LINEでブログの更新情報や健康情報、新コンテンツのモニター募集などを発信していきます。

友達登録して頂いた方は答えられる範囲で質問にもお答えしていきます。
ぜひ友達登録お願いします!
LINE友だち登録特典;一生使える!背中の柔軟性を上げる基本エクササイズ動画をプレゼント!

埼玉県川越市脇田町11-1 日野屋商店1F
楓整体院 ⇒ 049-236-3615
Email ; kaede1seitai@gmail.com

LINE登録でLINEから予約が可能です。

*電話に出られないときは留守電になりますので、お名前とご用件をお願いします。
後ほど必ず折り返させていただきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket