ブログ

2019.02.19

このストレッチで腰痛解消?!(反り腰編)

今回もご覧いただき有難うございます。

今日は腰痛の方に有効なストレッチを紹介したいと思います。

ストレッチ画像

腰痛はなぜ起こるのか?

まず、腰痛は腰のどのような状態で起きるのかを考えます。
腰に不安や痛みを抱えている方は腰のストレッチをして伸ばしたり緩めたりしたいと考えがちですが、実は腰の骨(腰椎)は主に支えることが仕事であまり動くように作られていません。例えば、捻り(回旋)の動き。腰椎は5つで構成されていますが、全部合わせても5度しか捻ることができないと言われています。これ以上の捻りの動きは腰に負荷がかかり痛みが起こると考えられます。
実際皆さんが体を捻った時はもっと捻ることができるけど?と感じるのは腰以外の関節が動いた結果です。
もし、腰以外の関節の動きに制限が起きてしまったらその動きを補うために腰がもっと動こうとして痛みが出ます。これが腰痛として感じる痛みです。

(さらに…)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2019.01.12

内臓の働きを知っておこう!腎臓編

川越の楓整体院 市ノ川です。
今回もご覧いただき有難うございます。

今回は内臓シリーズ、腎臓を書いていきます。
腎臓は尿を作るところというのは皆さんご存知だと思いますが、他にどんな働きがあるのかどんな役割があるのか知ることでケアのヒントにしていただけたらと思います。

目次

1.場所
2.構造
3.働き
・解毒機能
・血圧、体液量、イオンバランスの調整
・造血作用
・ビタミンD3の活性化
・phの調整
4.腎に関与するホルモン
・レニン
・エリスロポエチン
・ビタミンD3
5.まとめ

(さらに…)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2019.01.07

内臓の働きを知っておこう。胃編

川越の楓整体院 市ノ川です。
今回もご覧いただき有難うございます。

今回は胃について書いていきます。
自分の内臓の働きを知ることで、日常生活のどんなことがどの内臓に負担をかけているのかのヒントになればと思い、各臓器について書いていこうと思っています。
頭に入りずらい内容かもしれないので読むのが面倒だと思う方は最後のまとめを読んで頂けたらヒントになるかと思います。

  1. 目次
  1. 1.場所
    2.構造
    3.支配神経
    4.働きについて
    5.胃液について
  2. 6.胃に関与するホルモン
  3. 7.まとめ

(さらに…)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2018.12.14

ダイエットに必要?体に不可欠な酵素とは?

川越の楓整体院 市ノ川です。
今回もご覧いただきありがとうございます。

真冬並みの寒さが続いていますね。
先日、子供の風邪をもらい体調を崩してしまいました。
皆様も気を付けてくださいね。

今回は酵素について書いてみたいと思います。

 

・酵素とは?

酵素は私たちの体の中に存在していて、食べ物の消化・吸収を助け、ホルモンや新陳代謝の活動を行い人間が生きていく上で欠かせない、生命活動の源です。

・ビタミン、ミネラルと酵素

ビタミンやミネラルのサプリを飲んだり、栄養ドリンクを飲んでもあまり効果を感じられない方もいらっしゃると思いますが実は酵素がないと体内でしっかり働けないので効果が発揮できないのです。酵素あってのビタミン・ミネラルだし、ビタミン・ミネラルあっての酵素なので、今ではこれらを補酵素と呼ぶようになっているそうです。

・酵素の種類と働き

人間の体には3000以上の酵素があると言われていますが、一つの酵素は一つの働きしかできません。

(さらに…)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2018.11.28

続・パソコン業務と肩こり

川越の楓整体院 市ノ川です。
今回もご覧いただきありがとうございます。

今日は先日のパソコン業務で首肩の症状でお悩みのお客様のお話の続きを書いていきます。

前回の記事を読んでいない方はそちらも読んでみたください。

 

1週間後に再び来院頂き症状を伺ったところかなり楽になったとのことでした。
改めてお体を診させていただくと右肩に症状が現れていました。 (さらに…)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2018.11.22

パソコン業務と肩こり

川越の楓整体院 市ノ川です。
今回もご覧いただきありがとうございます。

今日はあるお客様の症例を紹介していこうと思います。

先日来られた男性の方なのですが、全身の疲労感と肩から首にかけての辛さを訴えて来院されました。お話を伺うと仕事はパソコン業務が中心でパソコンがないと仕事にならないくらいだそうです。一日パソコンと向き合っているので特に肩、首は辛いが全身が重いという事でした。

パソコンを使って仕事をされる方は多いと思いますので似たような症状をお持ちの方も多いのではないでしょうか? (さらに…)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2018.11.14

睡眠不足は不調のもと

川越の楓整体院 市ノ川です。
今回もご覧いただき有難うございます。

寒くなりましたね。最低気温が一桁に近くなってるようです。
でもこれが平年並みだそうで、今までが温か過ぎたそうです。

 

・睡眠と体の痛みの関係

疲労をため込み全身に疲労が蓄積されるとぎっくり腰のような急激な強い腰痛を引き起こすこともあるので体を休める睡眠はとても大切です。

寝たはずなのに熟睡感がない
なかなか眠れない
すっきり起きられない
昼間眠い・・・
などありませんか?

適度な睡眠時間は人それぞれ異なるようですが、一般的に言われているのが、1時間半サイクルで5回、計7時間半寝るのが理想だそうです。これよりも長くても短くても病気リスクが高まると言われています。
原因は睡眠だけではないでしょうけどね。

 

・休みの日の寝だめは有効?
これは体内リズムを壊してしまうので良くないようです。人の体は日野光を浴びてから15時間後にメラトニンというホルモンが分泌され眠くなるようになっているそうです。寝坊すると眠くなる時間が遅くなるので寝る時間が遅くなり結果、睡眠時間が削られて昼間眠くて仕事の効率も悪く辛い一週間を過ごす・・・という悪循環に陥るので土日も体内リズムを維持しましょう。
休日の前日は早く寝て、休日は早く起きて充実した休日を過ごしましょう!

 

・もう一つの睡眠、昼寝!

仕事中に寝てしまうのは良くありませんが、昼休憩など時間がとれるようでしたら20分くらいの昼寝は脳を休めるためにとても良いそうです。
午後の仕事の効率アップになりますし、消化の助けにもなすようです。
ただし、30分以上寝てしまうと脳がぼーっとしてしまい逆効果になってしまうとか。

さらに15時以降の昼寝は夜の睡眠に支障が出るのでこれも良くないそうです。

 

いかがでしょう?
知っていることも多かったかと思いますが、朝起きて朝日を浴びて夜更かしをせずに早く寝るという生活リズムを崩さずに体を効果的に休めて毎日を過ごしたいですね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2018.10.27

腰痛とお尻からふくらはぎにかけての痛み

久しぶりのブログになってしましました。

今日は近くの公園でハロウィーンのイベントが行われていました。

身近なところでもハロウィーンイベントが開かれるほどになっているんですね。

 

そもそもハロウィーンが何なのかわからないでむやみに騒いでいるとチコちゃんに

怒られちゃいますよ。

 

さて、今日は本日診させていただいた臨床症状についてです。

70代女性でお尻からふくらはぎにかけて痛みと痺れ。

ふくらはぎは寝ているよく攣ってしまう上に歩行中も攣れることがあるそうです。

入浴後は痛みが一時的に和らぐそうで、ふくらはぎもセルフマッサージを行ってケアをしていました。

 

検査をしてみると、痛みの元は肩とお腹にありました。

もともと肩こり症でありましたが足の痛みと関連つけて考えてはいなかったようです。

お腹は腎臓と小腸に原因があったようです。

食べるのが好きでたくさん食べてしましがちとのこと。

胃にも負担がかかっていましたので、消化の負担で内臓に疲れがたまっていたのでしょう。

 

肩と関連付けてお尻と肩、内臓を中心に施術した結果、

立った時に痛みは無くふくらはぎも柔らかくなって楽だと喜んでくださいました。

 

食欲があるのはとても良いことですが、

常にたくさん食べてしまうと内臓は働きづめで休め無くなってしまいます。

胃から小腸で消火にかかる時間は平均でも8~10時間かかるそうです。

(参考;大原薬品工業「けんこう名探偵より。https://www.ohara-ch.co.jp/meitantei/vol03_1.html」)

 

不調は体の中の負担の蓄積からもやってきます。

食べるのが好きな方は消化の時間を参考にして内臓の休息時間を作ってみるのも腰痛、肩こりなどの

症状改善のきっかっけになるかもしれませんね。

 

今後も食べ物、臓器のヒントを発信していけたらと思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

腰痛、肩こりなど慢性症状でお困りの方ご相談ください。

腰痛でお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedeyoutuu

肩こりでお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedekatakori

埼玉県川越市脇田町11-1 日野屋商店1F

楓整体院 ⇒ 049-236-3615

Email ; kaede1seitai@mail.com

*出られないときは留守電になりますので、お名前とご用件をお願いします。

後ほど必ず折り返させていただきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2018.10.12

1週間前から続く腰痛

おはようございます。

日が短くなり気温も落ち着いてきて秋って感じになってきましたね。
過ごしやすくてありがたい!
皆さん風をひかないように気を付けてくださいね。

今日は実際に腰痛で来院された方の症状と原因に書かせていただきます。

来院されたのは20歳の男性
どんな体制でも腰の痛みがあり
寝ていても楽にはならない
特に前屈は痛みが強い

という方でした。

詳しく話を聞いてみると
魚屋に勤務していて最近包丁を持ち始めたという事でした。

立ち仕事な上、重いものも持つ仕事なのでたまに腰が痛くなることはあったのですが
ここまで痛みが強く痛みが引かないことはなかったとのこと。

お話を聞かせていただいて検査をしてみると腰痛の原因は右手でした。
右手の検査をしてみると”あれっ”て感じで腰が曲がりました。

仕事で最近持ち始めた包丁が原因だったのではないでしょうかね。

その後、おなかの筋肉等の調整をしてこの日は終了。
体が軽くなったと喜んでいただけました。

このように人それぞれ腰痛と言っても原因は様々なところにあります。

あなたの痛みも日常生活やお仕事で使いすぎな場所が原因かもしれませんよ。
気になる方、改善したい方は一度お電話でもメールでもお気軽にご相談ください。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

腰痛、肩こりなど慢性症状でお困りの方ご相談ください。

腰痛でお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedeyoutuu

肩こりでお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedekatakori

埼玉県川越市脇田町11-1 日野屋商店1F

楓整体院 ⇒ 049-236-3615

Email ; kaede1seitai@mail.com

*出られないときは留守電になりますので、お名前とご用件をお願いします。

後ほど必ず折り返させていただきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2018.10.05

腰痛と筋トレとストレッチ

ブログを見ていただきありがとうございます。

今日は腰痛と筋トレとストレッチについて書いていこうと思います。

バーベルを上げる女性

腰痛の原因のすべてではないと思いますが、

主に筋肉の緊張が起きていることで

痛みを感じていることが多いです。

筋力が全くなく体を支えられない場合はちょっと問題ですけど、

日常生活を送っているのであれば重力に逆らっているので

ある程度筋力は保たれているはずです。

毎日激しく体を使っているスポーツ選手ですら

腰痛に悩まされている人もいるくらいですから

腹筋を鍛えたからと言って腰痛が無くなるとは思えません。

 

人の体は痛みを感じると筋肉が緊張して体を守ろうとします。

しかし、緊張が続き硬くなると虚血状態となり発痛物質が

作られてしまい痛みが出るという負のスパイラルに陥ります。

筋トレ等、運動することで血流が回復しそうですが、

筋肉は収縮と伸長によって力を出すので

もともと硬くなってしまっている筋肉は力が出せません。

つまり伸縮しにくいのです。

伸縮しにくいので部分的に血流は回復せず、また痛みを出します。

 

では、ストレッチはどうでしょう?

ストレッチで筋肉を伸ばしてあげたら伸縮しやすそうですね。

しかし、これも半分正解?のようです。

ストレッチをしたとき筋肉のどこが一番伸ばされると思いますか?

一説には筋肉の両端、県に近い部分が一番刺激が入るそうです。

つまり、筋肉に硬結(硬くなっているところ)があるとそこはあまり伸ばされない・・・。

ストレッチ意味ない???

そんなことはありません。

ストレッチをすることで硬結以外は伸ばされるし、

縮んだ筋肉を伸ばして血流を良くしてあげるのはとても大切です。

それでは、硬結のできた筋肉はどうしたらよいのでしょうか?

 

一つの方法ですが、硬結のできた部分を圧迫しながら

その筋肉を繰り返し動かしてあげることで硬結を緩めることができます。

例えば、太ももの裏。

・椅子に座ってもも裏と椅子の間にペットボトルやボールを置いて足の重さをかけます。

・そのまま、10回ほど膝を曲げ伸ばします。

物を置く位置はお尻寄り、真ん中、膝よりの3か所くらいでそれぞれずらしてやるとよいと思います。

これだけで前屈がしやすくなっていると思います。硬結が緩むことで筋肉が伸びやすくなったためです。

これはどの筋肉でも同じことが言えるので

つかんだり、押したり気になる部位で試してみてください。

 

筋肉が緩い方が痛みは出にくいし、痛いのに筋トレしたくないですよね・・・。

筋トレするなら痛みが取れてから。

まずは緩めることです。

補足ですが、血流が良い方が酸素が行き渡るので痛みが起きにくくなります。

深呼吸をするとより血中に酸素が取り込めるので

それだけでも近い効果が得られると考えられます。

参考にしてみてください。

 

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

腰痛、肩こりなど慢性症状でお困りの方ご相談ください。

腰痛でお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedeyoutuu

肩こりでお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedekatakori

埼玉県川越市脇田町11-1 日野屋商店1F

楓整体院 ⇒ 049-236-3615

Email ; kaede1seitai@mail.com

*出られないときは留守電になりますので、お名前とご用件をお願いします。

後ほど必ず折り返させていただきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

1 2 3 4