健康習慣

2019.05.25

蛋白質、取りすぎです(健康習慣8)

院長の写真

川越の楓整体院 市ノ川です。

今回もご覧いただき有難うございます。

蛋白質。
みんなしっかりと摂取していると思います。
でも、しすぎてるらしいです。
蛋白質の取り過ぎは生活習慣病の引き金にもなるようです。
蛋白質は人間にとって重要なのかどうか見ていきましょう。

目次

蛋白質はもっとも重要な栄養源???
草食動物のスタミナ源は肉ではない
アミノ酸プールのメカニズム
人間に肉は必要なのか?
まとめ

蛋白質はもっとも重要な栄養源???
以前に消化の話が出ましたが、一番消化しやすく体に負担の少ないのが果実、果物というお話をしました。では、逆は何でしょう?そう、それが蛋白質。
果物は早いと数十分で胃を通過します。蛋白質はどうでしょう。
蛋白質は胃から排泄までに長いと25時間から30時間もかかるそうです。食べ合わせによってはそれ以上。当然体の負担は大きくエネルギー消費も大きいです。
日本人の一日の蛋白質推奨量は男性60グラム、女性50グラム。
意外と少ない、私は感じました。ハンバーグを食べるにしても50グラムのハンバーグ頼まないですよね?150グラムにしても1日の3倍の摂取量を摂取することになります。
栄養素を考えたときに必要な栄養素と言われればどれも必要でこれは必要ありません。といえるものはありません。脳と心臓、どっちが必要ですか?というようなものかもしれません。選べませんよね。

草食動物のスタミナ源は肉ではない
私たちは肉を食べる理由として美味しいから、好きだからのほかにスタミナをつけるためといいますよね。これはほんとのところどうなのでしょうか。
草食動物を考えてみるとイメージしやすいと思います。
ライオンから逃げるシマウマ。生まれてから一度も肉を食ってないと思いますが、襲われたらとことん逃げるスタミナがありますよね?体の大きなゾウ。あの体で行動するのを維持するにはスタミナが必要だと思いますが草食です。
私たちは体力、筋肉を維持するために蛋白質を取り入れなければいけないと勘違いしています。人間が食べた蛋白質は分解されアミノ酸として吸収し再び蛋白質に合成されます。
重要なのは蛋白質をいかに取るかではなく、アミノ酸をいかに取るかなのですね。
肉食動物はどうなんでしょう?
肉食動物は基本的に草食動物を捕食します。しかも肉は加工しません。生で食べます。アミノ酸を効率よく一度に摂取する方法なのだと思います。草はたくさん食べなければいけませんが、動物なら一度で足りてしまいますからね。
アミノ酸といえば人間の体では合成できない8種の必須アミノ酸。これらは毎日摂取する必要ななく、果物、ナッツ類、豆類等で十分摂取可能だそうです。
アミノ酸プールのメカニズム
人間の体にはアミノ酸を必要に応じて引き出したり貯めておいたりできるシステムがあるそうです。それがアミノ酸プール。
摂取したアミノ酸は絶えず血液や細胞の中を循環していてその濃度を一定に保つことで常にアミノ酸を体に蓄えているそうです。このシステムがあるので必須アミノ酸を毎日摂取する必要はないと言えるんですね。
人間に肉は必要なのか?
結論から言うと必要はないけど食べてもいいよ。みたいな感じです。
理由としては、
・人間はエネルギーとして糖を消費するが消化吸収のエネルギー効率を考えると果物、炭水化物の方が良い。ちなみに蛋白質は炭水化物が消費された時しか糖に転換されない。
・体内脂肪は摂取した脂肪分だけでできているのではなく余分な炭水化物も脂肪に変えて蓄えている。脂肪は通常では蓄えているので炭水化物次第であり、肉の脂肪はあまり関係ない。
・穀物。果物には食物繊維が含まれているが、肉にはない。
・加熱調理によって肉のアミノ酸はほとんど壊れるので新鮮な食物、果物を食べる方がアミノ酸を効率良く摂取できる。
他にもまだありますが、これだけ考えても必要ですという理由はありません。
食べる理由をつけるとすれば、好きだからか習慣だからですかね。
必要な理由がないだけでダメなわけではありませんから勘違いはしないでくださいね。
ベジタリアンの人はビタミンB12が不足しがちだそうですが新鮮な野菜、果物を加熱調理しないで摂取する習慣があれば問題ないそうです。
まとめ
蛋白質の過剰摂取は心臓病、高血圧、ガン、関節炎、骨粗鬆症、痛風、潰瘍などと関連が強いそうです。
上記のことから蛋白質は摂取する必要性があまりないので余計なものは無理に取り入れないよに心がけたいですね。
それでもおいしさはみなさん知ってしまっているので食べないわけにはいかないですよね。食べるときは美味しく戴きましょ!
そうそう、ベジタリアンという言葉の語源、ベジタブルではないそうです。
ラテン語のvegitus(生命/活力に満ち溢れている)から来たもので古代ローマ人にとっては野菜を食べる人ではなく「精力的な人、心身ともに健全な人」を意味したそうです。
参考文献;フィット・フォー・ライフ(グスコー出版)

腰痛など慢性症状でお困りの方ご相談ください。

友だち追加
👈友達登録はこちらから

LINEでブログの更新情報や健康情報、新コンテンツのモニター募集などを発信していきます。

友達登録して頂いた方は答えられる範囲で質問にもお答えしていきます。
ぜひ友達登録お願いします!
LINE友だち登録特典;一生使える!背中の柔軟性を上げる基本エクササイズ動画をプレゼント!

埼玉県川越市脇田町11-1 日野屋商店1F
楓整体院 ⇒ 049-236-3615
Email ; kaede1seitai@gmail.com

ホームページからネット予約が可能です。

*電話に出られないときは留守電になりますので、お名前とご用件をお願いします。
後ほど必ず折り返させていただきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket