ブログ

2018.10.05

腰痛と筋トレとストレッチ

院長の写真

川越の楓整体院 市ノ川です。

ブログを見ていただきありがとうございます。

今日は腰痛と筋トレとストレッチについて書いていこうと思います。

バーベルを上げる女性

腰痛の原因のすべてではないと思いますが、

主に筋肉の緊張が起きていることで

痛みを感じていることが多いです。

筋力が全くなく体を支えられない場合はちょっと問題ですけど、

日常生活を送っているのであれば重力に逆らっているので

ある程度筋力は保たれているはずです。

毎日激しく体を使っているスポーツ選手ですら

腰痛に悩まされている人もいるくらいですから

腹筋を鍛えたからと言って腰痛が無くなるとは思えません。

 

人の体は痛みを感じると筋肉が緊張して体を守ろうとします。

しかし、緊張が続き硬くなると虚血状態となり発痛物質が

作られてしまい痛みが出るという負のスパイラルに陥ります。

筋トレ等、運動することで血流が回復しそうですが、

筋肉は収縮と伸長によって力を出すので

もともと硬くなってしまっている筋肉は力が出せません。

つまり伸縮しにくいのです。

伸縮しにくいので部分的に血流は回復せず、また痛みを出します。

 

では、ストレッチはどうでしょう?

ストレッチで筋肉を伸ばしてあげたら伸縮しやすそうですね。

しかし、これも半分正解?のようです。

ストレッチをしたとき筋肉のどこが一番伸ばされると思いますか?

一説には筋肉の両端、県に近い部分が一番刺激が入るそうです。

つまり、筋肉に硬結(硬くなっているところ)があるとそこはあまり伸ばされない・・・。

ストレッチ意味ない???

そんなことはありません。

ストレッチをすることで硬結以外は伸ばされるし、

縮んだ筋肉を伸ばして血流を良くしてあげるのはとても大切です。

それでは、硬結のできた筋肉はどうしたらよいのでしょうか?

 

一つの方法ですが、硬結のできた部分を圧迫しながら

その筋肉を繰り返し動かしてあげることで硬結を緩めることができます。

例えば、太ももの裏。

・椅子に座ってもも裏と椅子の間にペットボトルやボールを置いて足の重さをかけます。

・そのまま、10回ほど膝を曲げ伸ばします。

物を置く位置はお尻寄り、真ん中、膝よりの3か所くらいでそれぞれずらしてやるとよいと思います。

これだけで前屈がしやすくなっていると思います。硬結が緩むことで筋肉が伸びやすくなったためです。

これはどの筋肉でも同じことが言えるので

つかんだり、押したり気になる部位で試してみてください。

 

筋肉が緩い方が痛みは出にくいし、痛いのに筋トレしたくないですよね・・・。

筋トレするなら痛みが取れてから。

まずは緩めることです。

補足ですが、血流が良い方が酸素が行き渡るので痛みが起きにくくなります。

深呼吸をするとより血中に酸素が取り込めるので

それだけでも近い効果が得られると考えられます。

参考にしてみてください。

 

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

腰痛、肩こりなど慢性症状でお困りの方ご相談ください。

腰痛でお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedeyoutuu

肩こりでお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedekatakori

埼玉県川越市脇田町11-1 日野屋商店1F

楓整体院 ⇒ 049-236-3615

Email ; kaede1seitai@mail.com

*出られないときは留守電になりますので、お名前とご用件をお願いします。

後ほど必ず折り返させていただきます。

腰痛など慢性症状でお困りの方ご相談ください。

友だち追加
👈友達登録はこちらから

LINEでブログの更新情報や健康情報、新コンテンツのモニター募集などを発信していきます。

友達登録して頂いた方は答えられる範囲で質問にもお答えしていきます。
ぜひ友達登録お願いします!
LINE友だち登録特典;一生使える!背中の柔軟性を上げる基本エクササイズ動画をプレゼント!

埼玉県川越市脇田町11-1 日野屋商店1F
楓整体院 ⇒ 049-236-3615
Email ; kaede1seitai@mail.com

ホームページからネット予約が可能です。

*電話に出られないときは留守電になりますので、お名前とご用件をお願いします。
後ほど必ず折り返させていただきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket