腰痛

2018.09.26

朝の腰痛

院長の写真

川越の楓整体院 市ノ川です。

こんにちわ。

少し間が開いてしまいました。

時間を作るのがまだまだへたくそなんです。

ま、それはさておき。

 

今日は朝の腰痛について書いていこうと思います。腰を気にする女性

 

朝、起きてから腰が痛い方、多いのではないでしょうか?

自分も腰痛があった時は朝起きるときは気を付けて起きていました。

今日はどうかな?みたいに。昼から夜にかけてはそんなに痛みは出ないのに

なんて人もいますよね。

 

朝の腰の痛みの原因はいくつか考えられます。

まずはそもそも全身の循環が良くない場合。

疲労やストレスを貯めていて筋肉や内臓が硬くなっている場合、

血管を圧迫し狭めてしまうので血流が悪くなります。

筋肉だけでなく内臓も硬く重くなると体の中心の血管を圧迫することになるので

血流が悪くなります。

人の体はAM4時から6時が一番体温が下がるという一日のサイクルがあります。

痛みは温度が低い方が感度が良くなるので朝の方が腰の痛みを感じやすいのです。

腰痛の方はもともと体のバランスが崩れて血流が悪く、筋肉が硬くなっているところに

朝の体温低下で痛みを感じやすくなり痛みを感じる。という事です。

 

次に食事の影響です。

内臓を酷使して疲労を貯めてしまうと内臓が硬く重くなり関連した筋肉を固めてしまい

朝の痛みにつながります。

内臓が疲労すると、疲れが取れないとか全身が重だるいのどの症状が出たりします。内臓を再現した画像

内臓に負担がかかるのは、

・偏った食事・・・偏った食事は消化吸収に使われるある部位は働きすぎで

ある部位はずっと休んでいるというように内臓の働きを偏らせるので注意が必要です。

・間食・・・食事の間の内臓の休み時間に間食でまた働かせてしまうと休む間が無くなるので

臓器に負担をかけます。

・寝る前に食べる・・・寝る前に食べることで夜間に内臓が休めなくなります。寝る前2.3時間前には食べるのを控えましょう。

 

寝る姿勢はどうでしょう?

うつ伏せは、時には気持ちよく寝られるのですが、

呼吸がしにくい、首をどちらかに向けるので長時間ストレスがかかり歪みやすい。

といったデメリットがあります。

仰向けは、呼吸しやすいので寝る姿勢の基本になるかと思いますが、反り腰の方は

仰向けに寝ると腰がさらに反る形になるので膝を立てるとか、枕を膝の裏に置くなど

工夫が必要です。

 

日常生活を振り返り少し注意をするだけで、朝の腰痛が変化するかもしれません。

一番近くで体に気を使ってあげられるのはあなた自身です。

急な変化は見られないかもしれないので気長に対処しましょう。

 

自分の生活で気になる事がありましたら早速今夜からためしてみましょう。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

腰痛、肩こりなど慢性症状でお困りの方ご相談ください。

腰痛でお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedeyoutuu

肩こりでお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedekatakori

埼玉県川越市脇田町11-1 日野屋商店1F

楓整体院 ⇒ 049-236-3615

Email ; kaede1seitai@mail.com

*出られないときは留守電になりますので、お名前とご用件をお願いします。

後ほど必ず折り返させていただきます。

腰痛など慢性症状でお困りの方ご相談ください。

友だち追加
👈友達登録はこちらから

LINEでブログの更新情報や健康情報、新コンテンツのモニター募集などを発信していきます。

友達登録して頂いた方は答えられる範囲で質問にもお答えしていきます。
ぜひ友達登録お願いします!
LINE友だち登録特典;一生使える!背中の柔軟性を上げる基本エクササイズ動画をプレゼント!

埼玉県川越市脇田町11-1 日野屋商店1F
楓整体院 ⇒ 049-236-3615
Email ; kaede1seitai@mail.com

ホームページからネット予約が可能です。

*電話に出られないときは留守電になりますので、お名前とご用件をお願いします。
後ほど必ず折り返させていただきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket