ブログ

2019.02.20

腰痛で接骨院や病院に通い続けているあなたへ!

病院で腰痛を診てもらっているが痛み止めと湿布でなんとかしのいでいる状態が続いている。
そんな方がこのブログを見てくれているかと思います。

病院ではレントゲンを撮り
骨には異常ありません
といわれ、異常が無いが痛みはあるので痛み止めと湿布で様子をみましょう
で、その状態が続いている。

なぜ、骨に異常がないのに痛みがあるのか・・・
それは痛みの原因が骨ではないからです。

では、どうして腰痛が起きるのでしょうか?
皆さんは腰の痛みは腰の動きが悪いから起きると思っていませんか?
実は腰の痛みの原因は腰にある背骨(腰椎)の動き過ぎであることが多いのです。

(さらに…)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2019.02.19

このストレッチで腰痛解消?!(反り腰編)

今回もご覧いただき有難うございます。

今日は腰痛の方に有効なストレッチを紹介したいと思います。

ストレッチ画像

腰痛はなぜ起こるのか?

まず、腰痛は腰のどのような状態で起きるのかを考えます。
腰に不安や痛みを抱えている方は腰のストレッチをして伸ばしたり緩めたりしたいと考えがちですが、実は腰の骨(腰椎)は主に支えることが仕事であまり動くように作られていません。例えば、捻り(回旋)の動き。腰椎は5つで構成されていますが、全部合わせても5度しか捻ることができないと言われています。これ以上の捻りの動きは腰に負荷がかかり痛みが起こると考えられます。
実際皆さんが体を捻った時はもっと捻ることができるけど?と感じるのは腰以外の関節が動いた結果です。
もし、腰以外の関節の動きに制限が起きてしまったらその動きを補うために腰がもっと動こうとして痛みが出ます。これが腰痛として感じる痛みです。

(さらに…)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2018.10.27

腰痛とお尻からふくらはぎにかけての痛み

久しぶりのブログになってしましました。

今日は近くの公園でハロウィーンのイベントが行われていました。

身近なところでもハロウィーンイベントが開かれるほどになっているんですね。

 

そもそもハロウィーンが何なのかわからないでむやみに騒いでいるとチコちゃんに

怒られちゃいますよ。

 

さて、今日は本日診させていただいた臨床症状についてです。

70代女性でお尻からふくらはぎにかけて痛みと痺れ。

ふくらはぎは寝ているよく攣ってしまう上に歩行中も攣れることがあるそうです。

入浴後は痛みが一時的に和らぐそうで、ふくらはぎもセルフマッサージを行ってケアをしていました。

 

検査をしてみると、痛みの元は肩とお腹にありました。

もともと肩こり症でありましたが足の痛みと関連つけて考えてはいなかったようです。

お腹は腎臓と小腸に原因があったようです。

食べるのが好きでたくさん食べてしましがちとのこと。

胃にも負担がかかっていましたので、消化の負担で内臓に疲れがたまっていたのでしょう。

 

肩と関連付けてお尻と肩、内臓を中心に施術した結果、

立った時に痛みは無くふくらはぎも柔らかくなって楽だと喜んでくださいました。

 

食欲があるのはとても良いことですが、

常にたくさん食べてしまうと内臓は働きづめで休め無くなってしまいます。

胃から小腸で消火にかかる時間は平均でも8~10時間かかるそうです。

(参考;大原薬品工業「けんこう名探偵より。https://www.ohara-ch.co.jp/meitantei/vol03_1.html」)

 

不調は体の中の負担の蓄積からもやってきます。

食べるのが好きな方は消化の時間を参考にして内臓の休息時間を作ってみるのも腰痛、肩こりなどの

症状改善のきっかっけになるかもしれませんね。

 

今後も食べ物、臓器のヒントを発信していけたらと思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

腰痛、肩こりなど慢性症状でお困りの方ご相談ください。

腰痛でお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedeyoutuu

肩こりでお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedekatakori

埼玉県川越市脇田町11-1 日野屋商店1F

楓整体院 ⇒ 049-236-3615

Email ; kaede1seitai@mail.com

*出られないときは留守電になりますので、お名前とご用件をお願いします。

後ほど必ず折り返させていただきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2018.10.12

1週間前から続く腰痛

おはようございます。

日が短くなり気温も落ち着いてきて秋って感じになってきましたね。
過ごしやすくてありがたい!
皆さん風をひかないように気を付けてくださいね。

今日は実際に腰痛で来院された方の症状と原因に書かせていただきます。

来院されたのは20歳の男性
どんな体制でも腰の痛みがあり
寝ていても楽にはならない
特に前屈は痛みが強い

という方でした。

詳しく話を聞いてみると
魚屋に勤務していて最近包丁を持ち始めたという事でした。

立ち仕事な上、重いものも持つ仕事なのでたまに腰が痛くなることはあったのですが
ここまで痛みが強く痛みが引かないことはなかったとのこと。

お話を聞かせていただいて検査をしてみると腰痛の原因は右手でした。
右手の検査をしてみると”あれっ”て感じで腰が曲がりました。

仕事で最近持ち始めた包丁が原因だったのではないでしょうかね。

その後、おなかの筋肉等の調整をしてこの日は終了。
体が軽くなったと喜んでいただけました。

このように人それぞれ腰痛と言っても原因は様々なところにあります。

あなたの痛みも日常生活やお仕事で使いすぎな場所が原因かもしれませんよ。
気になる方、改善したい方は一度お電話でもメールでもお気軽にご相談ください。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

腰痛、肩こりなど慢性症状でお困りの方ご相談ください。

腰痛でお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedeyoutuu

肩こりでお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedekatakori

埼玉県川越市脇田町11-1 日野屋商店1F

楓整体院 ⇒ 049-236-3615

Email ; kaede1seitai@mail.com

*出られないときは留守電になりますので、お名前とご用件をお願いします。

後ほど必ず折り返させていただきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2018.10.05

腰痛と筋トレとストレッチ

ブログを見ていただきありがとうございます。

今日は腰痛と筋トレとストレッチについて書いていこうと思います。

バーベルを上げる女性

腰痛の原因のすべてではないと思いますが、

主に筋肉の緊張が起きていることで

痛みを感じていることが多いです。

筋力が全くなく体を支えられない場合はちょっと問題ですけど、

日常生活を送っているのであれば重力に逆らっているので

ある程度筋力は保たれているはずです。

毎日激しく体を使っているスポーツ選手ですら

腰痛に悩まされている人もいるくらいですから

腹筋を鍛えたからと言って腰痛が無くなるとは思えません。

 

人の体は痛みを感じると筋肉が緊張して体を守ろうとします。

しかし、緊張が続き硬くなると虚血状態となり発痛物質が

作られてしまい痛みが出るという負のスパイラルに陥ります。

筋トレ等、運動することで血流が回復しそうですが、

筋肉は収縮と伸長によって力を出すので

もともと硬くなってしまっている筋肉は力が出せません。

つまり伸縮しにくいのです。

伸縮しにくいので部分的に血流は回復せず、また痛みを出します。

 

では、ストレッチはどうでしょう?

ストレッチで筋肉を伸ばしてあげたら伸縮しやすそうですね。

しかし、これも半分正解?のようです。

ストレッチをしたとき筋肉のどこが一番伸ばされると思いますか?

一説には筋肉の両端、県に近い部分が一番刺激が入るそうです。

つまり、筋肉に硬結(硬くなっているところ)があるとそこはあまり伸ばされない・・・。

ストレッチ意味ない???

そんなことはありません。

ストレッチをすることで硬結以外は伸ばされるし、

縮んだ筋肉を伸ばして血流を良くしてあげるのはとても大切です。

それでは、硬結のできた筋肉はどうしたらよいのでしょうか?

 

一つの方法ですが、硬結のできた部分を圧迫しながら

その筋肉を繰り返し動かしてあげることで硬結を緩めることができます。

例えば、太ももの裏。

・椅子に座ってもも裏と椅子の間にペットボトルやボールを置いて足の重さをかけます。

・そのまま、10回ほど膝を曲げ伸ばします。

物を置く位置はお尻寄り、真ん中、膝よりの3か所くらいでそれぞれずらしてやるとよいと思います。

これだけで前屈がしやすくなっていると思います。硬結が緩むことで筋肉が伸びやすくなったためです。

これはどの筋肉でも同じことが言えるので

つかんだり、押したり気になる部位で試してみてください。

 

筋肉が緩い方が痛みは出にくいし、痛いのに筋トレしたくないですよね・・・。

筋トレするなら痛みが取れてから。

まずは緩めることです。

補足ですが、血流が良い方が酸素が行き渡るので痛みが起きにくくなります。

深呼吸をするとより血中に酸素が取り込めるので

それだけでも近い効果が得られると考えられます。

参考にしてみてください。

 

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

腰痛、肩こりなど慢性症状でお困りの方ご相談ください。

腰痛でお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedeyoutuu

肩こりでお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedekatakori

埼玉県川越市脇田町11-1 日野屋商店1F

楓整体院 ⇒ 049-236-3615

Email ; kaede1seitai@mail.com

*出られないときは留守電になりますので、お名前とご用件をお願いします。

後ほど必ず折り返させていただきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2018.10.01

腰痛とおなかの硬さ

皆さん今回の台風、被害は大丈夫でしたか?台風を上から見た画像

今年は台風の当たり年ですね。関東でこんなに直撃する年も珍しいと思います。

今回の台風は風がすごいという事なので、ベランダのものをすべて屋内に退避しました。

前回は甘く見ていて、何にもしないでいたら、植木鉢のトレーがどこかはいってしまったので・・・

自然現象を甘く見てはいけませんね。皆さんも気を付けてください。

 

さて、今回は腰痛とおなかの硬さについて書いてみます。太った男性が腹囲を図る画像

というのも、最近腰痛を訴える方でおなかが硬くなっている方が多いんです。

先ほどのお客様も朝と夕方の腰の痛みを訴えられていたのですが、

おなかの左側が特に硬くなっていました。

別のお客様はもともと便秘症の方なのですがやはりおなかが硬くなっていました。

お腹の硬さが必ずしも腰痛につながるかといえばそうではありませんが、

実際、硬さを取ってあげると腰の痛みが軽減したり無くなったりするのでやはり関係しているんだなと

実感します。

 

では、なぜおなかの硬さが腰の痛みに関係するのか。

それは主に大腰筋が関わっています。

大腰筋はお腹側の深部にある筋なのですが、この筋肉が硬くなると腰の伸展がしにくくなります。

例えば、お腹に気の棒を押し付けて前かがみを強いようとしてもつっかえてできません。

大腰筋が硬いという事は棒のように縮みにくくなっているのでそこから無理に曲げようとすると

腰が無理に引っ張られて痛みが出ます。

逆に腰を反ろうとしてもお腹側が伸びないので腰の筋肉が無理に縮もうとして痛みが出ます。

 

大腰筋はいろいろな臓器と関わっていて

例えば腎臓。腎臓は大腰筋のすぐ横に位置していて腎臓がストレスを受け硬く重くなると

大腰筋も影響を受け硬くなってしまいます。同じように、肝臓、心臓などの影響も受けてしまします。

ですから、筋肉をストレッチ等でケアしてあげることも大切ですが、体の中からケアをしてあげることも大切です。

内臓をケアする??

ですよね。臓器は、日常の疲れ、ストレスに影響されます。

例えば腎臓は排泄機能を担っているので暴飲暴食、特に長時間の飲み過ぎは気をつけたいですね。男性がたくさん食べている画像

腎臓の休む間が無くなりますからね。寝る前の数時間前から水以外の水分を控えましょう。

 

お腹の硬さと腰痛は関係がありますので腰が痛くておなかも硬い方は食事の内容や食事の食べる時間も

気にしてみてください。次の日の朝、変化があるかもしれませんよ。

 

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

腰痛、肩こりなど慢性症状でお困りの方ご相談ください。

腰痛でお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedeyoutuu

肩こりでお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedekatakori

埼玉県川越市脇田町11-1 日野屋商店1F

楓整体院 ⇒ 049-236-3615

Email ; kaede1seitai@mail.com

*出られないときは留守電になりますので、お名前とご用件をお願いします。

後ほど必ず折り返させていただきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2018.09.28

肩こりと腰痛の関係?

ここのところ雨が多い日が続きますね。

気温も下がってきて足が寒く感じる日も出てきました。

皆さん風邪をひかないように気を付けて過ごしてくださいね。

 

さて、今回は肩こりと腰痛の関連について書いてみようと思います。肩こりを気にする女性

もともと肩こりはあったけど最近腰も痛みが出始めたなんて方もいるのではないでしょうか?

腰痛と肩こりは関係なさそうですが、腰と肩の筋肉はつながりがあるので、どちらかが不

調をきたすと反対のどちらかに影響を及ぼしても不思議ではないのです。

頭を抱える女性

 

肩の上の方の一番コリを感じるであろう部分の筋肉(僧帽筋)はお尻の筋肉と関連があるので

肩の筋肉が硬くなる

お尻の筋肉が硬くなる

血流が悪くなる

腰痛が出現

などが考えられます。

また、胸の筋肉は硬くなると肩甲骨を引っ張って動きを悪くしたり位置を変えたりするので、

鏡を見たときにどちらかの方だけ上がってるとか肩が前のほうに巻き込んでいるなど見た目に変化が出たりします。肩甲骨が上がると猫背になりやすく背中が丸くなるので骨盤が後ろに傾き(後傾)全身のバランスが崩れていきます。胸の筋肉はお腹のインナーマッスル(背中に近い方)とつながりがあるので

胸の筋肉が硬くなる

お腹の深部が硬くなる

体の深部の血流が悪くなる

腰痛出現腰の痛みを気にする女性

とも考えられます。

 

このように、肩コリと腰痛が関連しているので、肩こりだからとほおっておくと腰痛の原因になってしまいます。

 

ではどう予防したらよいのでしょうか?

今回は自分でできるエクササイズを紹介します。

肩が前に出ている(巻き肩)や肩が上がって猫背気味の人は試してみてください。

まず右側から。

左手の4本指を右脇の下に入れ、そのまま胸の筋肉を親指とで挟み込みます。

この時痛くない程度にしっかりつかんでください。

次に肩を前まわし、後ろ回しそれぞれ10回ずつ回してください。

以上です。

簡単ですよね。

これを一日1回はやってみてください。

肩が凝ってつらいときにも試してみてください。胸が硬くて肩こりの場合は効果があると思います。

 

肩こりもほおっておくとほかの部位に派生して痛みを作る原因になる事があるので大切な自分の体をしっかりメンテナンスしていきましょう。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

腰痛、肩こりなど慢性症状でお困りの方ご相談ください。

腰痛でお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedeyoutuu

肩こりでお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedekatakori

埼玉県川越市脇田町11-1 日野屋商店1F

楓整体院 ⇒ 049-236-3615

Email ; kaede1seitai@mail.com

*出られないときは留守電になりますので、お名前とご用件をお願いします。

後ほど必ず折り返させていただきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2018.09.26

朝の腰痛

こんにちわ。

少し間が開いてしまいました。

時間を作るのがまだまだへたくそなんです。

ま、それはさておき。

 

今日は朝の腰痛について書いていこうと思います。腰を気にする女性

 

朝、起きてから腰が痛い方、多いのではないでしょうか?

自分も腰痛があった時は朝起きるときは気を付けて起きていました。

今日はどうかな?みたいに。昼から夜にかけてはそんなに痛みは出ないのに

なんて人もいますよね。

 

朝の腰の痛みの原因はいくつか考えられます。

まずはそもそも全身の循環が良くない場合。

疲労やストレスを貯めていて筋肉や内臓が硬くなっている場合、

血管を圧迫し狭めてしまうので血流が悪くなります。

筋肉だけでなく内臓も硬く重くなると体の中心の血管を圧迫することになるので

血流が悪くなります。

人の体はAM4時から6時が一番体温が下がるという一日のサイクルがあります。

痛みは温度が低い方が感度が良くなるので朝の方が腰の痛みを感じやすいのです。

腰痛の方はもともと体のバランスが崩れて血流が悪く、筋肉が硬くなっているところに

朝の体温低下で痛みを感じやすくなり痛みを感じる。という事です。

 

次に食事の影響です。

内臓を酷使して疲労を貯めてしまうと内臓が硬く重くなり関連した筋肉を固めてしまい

朝の痛みにつながります。

内臓が疲労すると、疲れが取れないとか全身が重だるいのどの症状が出たりします。内臓を再現した画像

内臓に負担がかかるのは、

・偏った食事・・・偏った食事は消化吸収に使われるある部位は働きすぎで

ある部位はずっと休んでいるというように内臓の働きを偏らせるので注意が必要です。

・間食・・・食事の間の内臓の休み時間に間食でまた働かせてしまうと休む間が無くなるので

臓器に負担をかけます。

・寝る前に食べる・・・寝る前に食べることで夜間に内臓が休めなくなります。寝る前2.3時間前には食べるのを控えましょう。

 

寝る姿勢はどうでしょう?

うつ伏せは、時には気持ちよく寝られるのですが、

呼吸がしにくい、首をどちらかに向けるので長時間ストレスがかかり歪みやすい。

といったデメリットがあります。

仰向けは、呼吸しやすいので寝る姿勢の基本になるかと思いますが、反り腰の方は

仰向けに寝ると腰がさらに反る形になるので膝を立てるとか、枕を膝の裏に置くなど

工夫が必要です。

 

日常生活を振り返り少し注意をするだけで、朝の腰痛が変化するかもしれません。

一番近くで体に気を使ってあげられるのはあなた自身です。

急な変化は見られないかもしれないので気長に対処しましょう。

 

自分の生活で気になる事がありましたら早速今夜からためしてみましょう。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

腰痛、肩こりなど慢性症状でお困りの方ご相談ください。

腰痛でお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedeyoutuu

肩こりでお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedekatakori

埼玉県川越市脇田町11-1 日野屋商店1F

楓整体院 ⇒ 049-236-3615

Email ; kaede1seitai@mail.com

*出られないときは留守電になりますので、お名前とご用件をお願いします。

後ほど必ず折り返させていただきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2018.09.18

痛みとは?

今日はこれから雨になるらしく、せっかく涼しいのに勿体ないですね。

蒸し暑いのに比べたらまだマシですけどね。

 

今日は痛みについて書いていきます。

痛みはなぜ突然出るのか?

なぜ急に腰が痛くなるの?

とかそんな内容です。ショックで頭を抱える女性

 

人間の体はもともと自然治癒力が備わっていて、

少しくらいの疲労やストレスは休息をとることで回復します。

しかし、生活をしていると夜寝ただけでは取れない疲れやストレスが

ありますよね。そうなると自然治癒力だけでは回復しきれず

疲労が蓄積していきます。乱れた食生活や睡眠不足などがあればさらに。

その蓄積は気が付かないうちに増えていき筋肉は硬く動きにくくなり、

内臓は重く下垂し、関連する筋肉を硬く弱くしてしまいます。

筋肉の硬くなりすぎるとバランスが取れなくなり体が歪んできます。

こうなると自然治癒力は働かなくなり疲労の蓄積は加速します。すると、

 

力が出にくくなる

筋肉がもっと頑張る

もっと固くなる

血流が悪くなる

腰を支える女性

痛み物質の蓄積

痛み(頑固なコリ)が出現

となります。痛みが出るまでには長い時間がかかっているのです。

 

では、痛みを改善するにはどうしたらよいのか?

血流が悪いからそれを良くすればOK??

どうでしょう?血流が悪くなった原因を解決しないと

またすぐに血流が悪くなり痛みが出ます。

これが痛みの戻りです。

マッサージの後はいいんだけど…⇐これです。

 

もっと手前から改善していかないと痛みはすぐに戻ります。

筋肉の力を出しにくくしているのは?

筋肉を硬くしているのは?

内臓を重たくしているのは?

こういった原因を一つ一つ改善していかなければ痛みは改善されません。

長い間蓄積されてきた痛みの後ろ盾を一枚一枚剥がしていかないといけないのです。玉ねぎの画像

 

一番初めに戻ってみましょう。

痛みの元になっている疲労の蓄積は普段の日常生活やストレスの

積み重ねでしたよね?

つまり、根本を改善するには普段の生活を見直すことも必要です。

せっかく、お金を払って一枚一枚痛みを剥がしてもらっても日常生活で

2枚、3枚と痛みの元を纏っていたらいつまでたっても無くなりませんよね。

なので、痛みの改善はセラピスト任せではなく、本人の努力も必要だと思います。

セラピストは施術により回復のきっかけを作り、アドバイス等でヒントを提供し、

痛みを抱えている方はヒントをもとに日常生活を見直し、

自分の体の負担を少しでも貯めない生活を心がけることが改善の一番の近道かなと

思います。ですから、セラピストにあれこれ質問して改善策を相談するのも

大切だと思います。

 

痛みの蓄積期間は人それぞれなので改善にかかる時間、期間は個人差ありですが、

目標を持ってお客様と二人三脚で痛みを改善していくことが理想だなと思っています。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

腰痛、肩こりなど慢性症状でお困りの方ご相談ください。

腰痛でお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedeyoutuu

肩こりでお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedekatakori

埼玉県川越市脇田町11-1 日野屋商店1F

楓整体院 ⇒ 049-236-3615

Email ; kaede1seitai@mail.com

*出られないときは留守電になりますので、お名前とご用件をお願いします。

後ほど必ず折り返させていただきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2018.09.05

痛みと内臓の関係

川越の楓整体院 市ノ川です。
今回もご覧いただき有難うございます。

体の症状と内臓

内臓を再現した画像さて、今回は痛みや症状の原因(肩も腰も頭痛も関係)となる別の要素を取り上げます。
皆さんが必ず毎日使っている内臓です。
ピンとこない方もいるかもしれませんが、膵臓がんで背中が痛いとか、腎臓がんで腰が痛いとかそういった話聞きますよね?ストレスを感じて胃が痛い時におなかをさするとおなかの辺りが硬くなっていると感じた事のある方もいるのではないでしょうか?

(さらに…)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

1 2