ブログ

2019.05.27

無意識反射が痛みをつくる」!

川越の楓整体院 市ノ川です。

今回もご覧いただき有難うございます。

今回は痛みに関する話の続編です。

前回は痛みとストレス、メンタルは大きく関わっていると言いました。

その辺について話したいと思います。

痛みの元は無意識反射

痛みは酸欠が原因で起きているとお話ししました。酸欠になると血流を改善しようとブラジキニンが集まってきて血流を改善する代わりに痛みを発します。

ではこの酸欠はなぜ起こるのでしょう。急性痛の場合は打撲や切り傷など理由がはっきりとしていてわかりやすいですが、慢性痛の場合はどうでしょう。

これが無意識反射によるものなのです。姿勢維持や行動の際に無意識反射が起こると必要以上に筋肉に力が入ったり、必要ないところの筋肉まで力が入ったりすることで筋肉が硬くなり血流を阻害します。これが癖になりいつも同じところが酸欠になるとある時ピークを迎え痛みが出てきます。慢性痛は日常生活を改善しないと変わらないと言われるのはこのためです。

一生懸命硬いところを緩めてもいつも硬くしている原因があればたちまち硬くなります。
赤ちゃんは腰痛肩こりがありません。当然ですよね。癖も体の硬さもないのですから。
ですから、赤ちゃんを目指そうとは言いませんが、少しでも近づくことが理想です。
それには自分が普段調子の悪いところがあるのであればそこに意識を置いていつ、どこで、どこが、どのように痛くなるのか。さらにどのように使えば硬くならないのか、をモニタリングすることが改善の第一歩です。

敵を知り己を知れば百戦危うからず

慢性痛に対する自分のクセにもこの言葉が通用しそうですね。

ストレスも硬さの原因

筋肉が硬くなる原因のもう一つがストレス。
ほんとにストレスと病は関係あるの?と思う方も多いと思います。
人間はストレスを受けると自律神経の交感神経に作用します。
交感神経が興奮すると筋肉が緊張状態になりやすくなります。

この状態(ストレスの強い状態)が続くと筋肉は興奮しているので硬くなりやすく阻血状態を作りやすい状態になります。これにより慢性的な痛みのある状態が続きます。これは内科疾患にも言えることだと思います。
しかし逆を言うと、リラックス状態が維持できれば、または意図的に作り出すことができれば慢性的な痛みを遠ざけられるという事ですね。いつも陽気で前向きに笑っていすぎしている人ほど病とは無縁です。

ストレスはなくすことはできません。ストレスとうまく付き合う方法を身に着ける必要があります。ため込み、真に受けるのではなく、いなし、見方を変えるなどやり方はいろいろです。病とは無縁の人に学びたいですね。

慢性痛の起きにくい体を維持するには自分の体の癖を知り、ストレスをいなすことが近道になるんですね。

あなたの体をいつも見てあげられるのはあなただけです。自分と向き合い自分の体を大事にしてあげてください。きっと応えてくれますよ。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2019.05.09

結局、痛みってなに?

今回も見てくださってありがとうございます。

たとえ身に病があっても心まで病ますまい

突然ですがこの言葉は中村天風という方の言葉です。この方は日本にヨガを広めた方で自分の重度の肺結核もヨガの修行の中で治癒させたそうです。経験豊富な中村天風さんだからこそたどり着いた言葉だと思いますが意味では少しだけこの意味が分かるようになりました。

この言葉が腑に落ちるようになると痛みに対する不安が無くなるような気がしています。私はまだそこまでの境地に達していないんですけど。

皆さんは痛みに対してどのように対処していますか?
イメージとしては湿布を貼る。痛み止めを飲む。まずこんな感じですかね。
整形外科に行けばこういった処方をされますよね。

国際疼痛学会による痛みの定義によると、
不快な感覚と情動の体験だと言っています。

不快な感覚・・・痛いという具体的な肉体的な感覚
情動・・・単純な快、不快という精神的な感覚

情動の体験とはただ痛いだけではなく不快な感情を伴った経験も同時にしたという事ですね。つまり、痛みは肉体と精神の両方に影響を与えているという事です。
日本では痛みをなんとかしようと病院に行くと場合によってはリハビリが加わることもありますが基本痛み止めや湿布が処方されます。不快な感覚に対しての対処です。さらに言うと痛いところを触ってみると冷たくなっていることがあります。炎症を起こしている場合、熱を持っていて腫れていることが多いと思いますが冷たいという事は非炎症性なので熱を取るための湿布は必要ないのではないでしょうか?
不快な情動に対してはどうでしょうか?残念ながらほとんど対処がないように思います。

急性痛と慢性痛を考えてみましょう。
急性痛:ぶつけたなどその時の外傷によるもの・・・不快な感覚だけ(痛いだけ)
慢性痛:急性以外のはっきりとした外傷を伴わない痛み・・・不快な感覚+不快な情動(どうなるんだろうみたいな不安や恐怖などの感情)
急性痛は時間がたてば忘れますが慢性痛は原因がはっきりしないので情動を伴いやすいのです。

幽霊が怖いのは存在がはっきりしない、何者かわからない、対処法もわからないからです。

慢性痛も同じで原因がわからない、対処法がわからないから不快な情動を伴ってしまうのです。
では、慢性痛の原因は何なのか?

それは酸欠です。

酸欠がなぜ痛みの原因なのか?
体に酸欠が起こると血流を良くしようとブラジキニンという物質がそこに集まってきます。
この物質のおかげで血管が広がり血流を改善してくれます。
しかし、この物質が血管を拡張しようとすると痛み物質を出すのでそこに痛みが伴います。
これが慢性的な痛みの原因です。
問題がブラジキニンなのではありません。この物質があるからそこに不調をきたしていると認識できるのでなくてはならない存在です。

慢性痛で問題なのは痛みそのものではなく、痛みが起こるほどもともとの血流が悪いこと、血管を狭くしてしまっていることが問題なのです。
血流を阻害することのないくらい体の組織が柔らかい人は痛みが起こりにくいです。逆にカチカチに硬く緊張している人はすぐに痛みが出やすいと言えます。

慢性痛の問題をほんとに解決すると考えるなら自分の体を良く観察して硬さを認め緩める努力を怠らない事だと思います。

ここで思い出していただきたいのですが、
慢性痛:不快な感覚と情動
たとえ身に病があっても心まで病ますまい
この二つのことに共通しているのはメンタルが痛みにかかわっているという事です。
痛みとメンタル(ストレス)は非常に大きく関わっています。

血管を狭くしている体の硬さを作っているのはそのストレスが大きく関わっています。
続きはまた近いうちに書かせていただきます。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2019.02.20

腰痛で接骨院や病院に通い続けているあなたへ!

病院で腰痛を診てもらっているが痛み止めと湿布でなんとかしのいでいる状態が続いている。
そんな方がこのブログを見てくれているかと思います。

病院ではレントゲンを撮り
骨には異常ありません
といわれ、異常が無いが痛みはあるので痛み止めと湿布で様子をみましょう
で、その状態が続いている。

なぜ、骨に異常がないのに痛みがあるのか・・・
それは痛みの原因が骨ではないからです。

では、どうして腰痛が起きるのでしょうか?
皆さんは腰の痛みは腰の動きが悪いから起きると思っていませんか?
実は腰の痛みの原因は腰にある背骨(腰椎)の動き過ぎであることが多いのです。

(さらに…)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2018.11.28

続・パソコン業務と肩こり

川越の楓整体院 市ノ川です。
今回もご覧いただきありがとうございます。

今日は先日のパソコン業務で首肩の症状でお悩みのお客様のお話の続きを書いていきます。

前回の記事を読んでいない方はそちらも読んでみたください。

 

1週間後に再び来院頂き症状を伺ったところかなり楽になったとのことでした。
改めてお体を診させていただくと右肩に症状が現れていました。 (さらに…)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2018.11.22

パソコン業務と肩こり

川越の楓整体院 市ノ川です。
今回もご覧いただきありがとうございます。

今日はあるお客様の症例を紹介していこうと思います。

先日来られた男性の方なのですが、全身の疲労感と肩から首にかけての辛さを訴えて来院されました。お話を伺うと仕事はパソコン業務が中心でパソコンがないと仕事にならないくらいだそうです。一日パソコンと向き合っているので特に肩、首は辛いが全身が重いという事でした。

パソコンを使って仕事をされる方は多いと思いますので似たような症状をお持ちの方も多いのではないでしょうか? (さらに…)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2018.10.01

腰痛とおなかの硬さ

皆さん今回の台風、被害は大丈夫でしたか?台風を上から見た画像

今年は台風の当たり年ですね。関東でこんなに直撃する年も珍しいと思います。

今回の台風は風がすごいという事なので、ベランダのものをすべて屋内に退避しました。

前回は甘く見ていて、何にもしないでいたら、植木鉢のトレーがどこかはいってしまったので・・・

自然現象を甘く見てはいけませんね。皆さんも気を付けてください。

 

さて、今回は腰痛とおなかの硬さについて書いてみます。太った男性が腹囲を図る画像

というのも、最近腰痛を訴える方でおなかが硬くなっている方が多いんです。

先ほどのお客様も朝と夕方の腰の痛みを訴えられていたのですが、

おなかの左側が特に硬くなっていました。

別のお客様はもともと便秘症の方なのですがやはりおなかが硬くなっていました。

お腹の硬さが必ずしも腰痛につながるかといえばそうではありませんが、

実際、硬さを取ってあげると腰の痛みが軽減したり無くなったりするのでやはり関係しているんだなと

実感します。

 

では、なぜおなかの硬さが腰の痛みに関係するのか。

それは主に大腰筋が関わっています。

大腰筋はお腹側の深部にある筋なのですが、この筋肉が硬くなると腰の伸展がしにくくなります。

例えば、お腹に気の棒を押し付けて前かがみを強いようとしてもつっかえてできません。

大腰筋が硬いという事は棒のように縮みにくくなっているのでそこから無理に曲げようとすると

腰が無理に引っ張られて痛みが出ます。

逆に腰を反ろうとしてもお腹側が伸びないので腰の筋肉が無理に縮もうとして痛みが出ます。

 

大腰筋はいろいろな臓器と関わっていて

例えば腎臓。腎臓は大腰筋のすぐ横に位置していて腎臓がストレスを受け硬く重くなると

大腰筋も影響を受け硬くなってしまいます。同じように、肝臓、心臓などの影響も受けてしまします。

ですから、筋肉をストレッチ等でケアしてあげることも大切ですが、体の中からケアをしてあげることも大切です。

内臓をケアする??

ですよね。臓器は、日常の疲れ、ストレスに影響されます。

例えば腎臓は排泄機能を担っているので暴飲暴食、特に長時間の飲み過ぎは気をつけたいですね。男性がたくさん食べている画像

腎臓の休む間が無くなりますからね。寝る前の数時間前から水以外の水分を控えましょう。

 

お腹の硬さと腰痛は関係がありますので腰が痛くておなかも硬い方は食事の内容や食事の食べる時間も

気にしてみてください。次の日の朝、変化があるかもしれませんよ。

 

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

腰痛、肩こりなど慢性症状でお困りの方ご相談ください。

腰痛でお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedeyoutuu

肩こりでお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedekatakori

埼玉県川越市脇田町11-1 日野屋商店1F

楓整体院 ⇒ 049-236-3615

Email ; kaede1seitai@mail.com

*出られないときは留守電になりますので、お名前とご用件をお願いします。

後ほど必ず折り返させていただきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2018.09.18

痛みとは?

今日はこれから雨になるらしく、せっかく涼しいのに勿体ないですね。

蒸し暑いのに比べたらまだマシですけどね。

 

今日は痛みについて書いていきます。

痛みはなぜ突然出るのか?

なぜ急に腰が痛くなるの?

とかそんな内容です。ショックで頭を抱える女性

 

人間の体はもともと自然治癒力が備わっていて、

少しくらいの疲労やストレスは休息をとることで回復します。

しかし、生活をしていると夜寝ただけでは取れない疲れやストレスが

ありますよね。そうなると自然治癒力だけでは回復しきれず

疲労が蓄積していきます。乱れた食生活や睡眠不足などがあればさらに。

その蓄積は気が付かないうちに増えていき筋肉は硬く動きにくくなり、

内臓は重く下垂し、関連する筋肉を硬く弱くしてしまいます。

筋肉の硬くなりすぎるとバランスが取れなくなり体が歪んできます。

こうなると自然治癒力は働かなくなり疲労の蓄積は加速します。すると、

 

力が出にくくなる

筋肉がもっと頑張る

もっと固くなる

血流が悪くなる

腰を支える女性

痛み物質の蓄積

痛み(頑固なコリ)が出現

となります。痛みが出るまでには長い時間がかかっているのです。

 

では、痛みを改善するにはどうしたらよいのか?

血流が悪いからそれを良くすればOK??

どうでしょう?血流が悪くなった原因を解決しないと

またすぐに血流が悪くなり痛みが出ます。

これが痛みの戻りです。

マッサージの後はいいんだけど…⇐これです。

 

もっと手前から改善していかないと痛みはすぐに戻ります。

筋肉の力を出しにくくしているのは?

筋肉を硬くしているのは?

内臓を重たくしているのは?

こういった原因を一つ一つ改善していかなければ痛みは改善されません。

長い間蓄積されてきた痛みの後ろ盾を一枚一枚剥がしていかないといけないのです。玉ねぎの画像

 

一番初めに戻ってみましょう。

痛みの元になっている疲労の蓄積は普段の日常生活やストレスの

積み重ねでしたよね?

つまり、根本を改善するには普段の生活を見直すことも必要です。

せっかく、お金を払って一枚一枚痛みを剥がしてもらっても日常生活で

2枚、3枚と痛みの元を纏っていたらいつまでたっても無くなりませんよね。

なので、痛みの改善はセラピスト任せではなく、本人の努力も必要だと思います。

セラピストは施術により回復のきっかけを作り、アドバイス等でヒントを提供し、

痛みを抱えている方はヒントをもとに日常生活を見直し、

自分の体の負担を少しでも貯めない生活を心がけることが改善の一番の近道かなと

思います。ですから、セラピストにあれこれ質問して改善策を相談するのも

大切だと思います。

 

痛みの蓄積期間は人それぞれなので改善にかかる時間、期間は個人差ありですが、

目標を持ってお客様と二人三脚で痛みを改善していくことが理想だなと思っています。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

腰痛、肩こりなど慢性症状でお困りの方ご相談ください。

腰痛でお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedeyoutuu

肩こりでお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedekatakori

埼玉県川越市脇田町11-1 日野屋商店1F

楓整体院 ⇒ 049-236-3615

Email ; kaede1seitai@mail.com

*出られないときは留守電になりますので、お名前とご用件をお願いします。

後ほど必ず折り返させていただきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2018.09.05

痛みと内臓の関係

川越の楓整体院 市ノ川です。
今回もご覧いただき有難うございます。

体の症状と内臓

内臓を再現した画像さて、今回は痛みや症状の原因(肩も腰も頭痛も関係)となる別の要素を取り上げます。
皆さんが必ず毎日使っている内臓です。
ピンとこない方もいるかもしれませんが、膵臓がんで背中が痛いとか、腎臓がんで腰が痛いとかそういった話聞きますよね?ストレスを感じて胃が痛い時におなかをさするとおなかの辺りが硬くなっていると感じた事のある方もいるのではないでしょうか?

(さらに…)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2018.09.01

水分と痛みのお話

暑い日が続きますね。もうそろそろ暑さ終わってほしいです。

山沿いなど局所的に大雨だったりするので水不足の話は聞きませんが、

体内の水不足はどうでしょう?

という事で、水のお話。

イラン人医師のバトマンゲリジ博士は薬がなく胃痛で苦しんでいる囚人に

2杯のコップを飲ませたところ胃痛が数分で治まるという不思議な現象を経験しました。

後日、胃潰瘍で苦しむ囚人にコップの水を飲ませたところ痛みが軽減、

さらに飲ませると痛みが4分で無くなったそうです。

このことから

””人間の症状はが水分不足引き起こしている””

ことに気が付き、水だけで3000人もの患者を改善させたそうです。

人間は成人になった時から少しずつ“渇き”の感覚が

失われていくため、慢性的かつ断続的な脱水状態に

なっています。

 

では、水が不足すると何が起きるのか?

体の水分が不足すると

①水を飲む

②体内の水分を再分配する

のどちらかで解決するします。

水分の再分配とは生命維持に必要な部位や臓器に

今は水分が必要でない部位から取るという事です。

再分配の時にはヒスタミンという化学物質が活性化されます。

さらにこの時に使われる物質のプロスタグランジン、キニン、PAFが増えるのですが

これらは知覚神経に触れると痛みを引き起こす作用があります。

つまり、慢性的に水分不足の人は常に上記の物質が体内にあふれていて

痛みを感じやすくなっているといえるのです。

博士によると水分不足の症状は

胸やけ、リウマチ、狭心痛、腰痛、間欠性歩行障害、

片頭痛、二日酔いの頭痛、大腸炎、便秘

があるそうで、

これらの症状を疑った場合、薬の前に水を飲むべきだと言っています。

 

特に高齢の方はもともとの体液が減っている上に渇きの感覚も失われているので

症状は出やすいと言えます。

唇が渇くのは水分不足の最後にでる症状だそうで

博士によると末期らしいですよ。

唇が渇く前に飲みましょう。

 

では、どれだけ飲めばいいの?

飲む量に関しては諸説あるのではっきりとは言えませんが、

体重の30分の1は必要なようです。(体重60kgの人は2リットル)

博士は2.5リットルと言っています。

いきなりは飲めないのですが徐々に増やすと意外と飲めますよ。

ただし、腎臓、心臓の機能に問題のない人に限ります。

また、一度に飲むのは水中毒の恐れがあるので危険です。

少しづつ飲みましょう。

 

そうそう、コーヒー、お茶などのカフェイン飲料やアルコールは排泄するのに

多くの水分を使い逆効果だったりするので、飲んだカウントに入りませんよ。

 

 

先日、お客様が明け方のこむら返りが痛いとおっしゃられたので水のお話をした後日から、

一日に1.5リットルを目標に毎日できるだけ飲むようにされた結果、

朝のこむら返りが無くなったそうです。

明け方のこむら返りの原因はすべたが水分不足ではありませんが、

やっぱり水は大切なんだなと思った出来事でした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

腰痛、肩こりなど慢性症状でお困りの方ご相談ください。

 

腰痛、肩こりなど慢性症状でお困りの方ご相談ください。

腰痛でお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedeyoutuu

肩こりでお困りの方→https://peraichi.com/landing_pages/view/kaedekatakori

埼玉県川越市脇田町11-1 日野屋商店1F

楓整体院 ⇒ 049-236-3615

Email ; kaede1seitai@mail.com

*出られないときは留守電になりますので、お名前とご用件をお願いします。

後ほど必ず折り返させていただきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket