ブログ

2019.09.18

自律神経の乱れを感じる人が意識したい今日からできる2つのこと

今回は自律神経についてお話していきます。

 

なかなか寝付けない。いつも怠い。肩こりがひどいなど
自律神経の不調が原因と思われる症状を感じていませんか?

自律神経が乱れる原因はストレスが大きく関わっています。
「わかってるよ」
と思われるでしょうがストレスを誰もが受けているはずなのに
体調を崩さない人もいます。
その違いを分かっていますか?

それはストレスとどう付き合うかの違いです。

ストレスを溜めている自分を知り
ストレスに対処することで
自律神経は自然に働いてくれます。

目次

・自律神経とは
・闘争逃走反応
・ストレス社会と自律神経
・自律神経を整える必要性
・まとめ

 

自律神経とは

自律神経とは末梢神経の中の一種で
自分の意志では思ったように動かせない
生命維持機能の盛業を担っています。

細かく言うと
循環、呼吸、消化、発汗、体温調節、
内分泌機能、生殖機能、代謝など
がこれに当たります。

自律神経は
交感神経と副交感神経で構成されます。
それぞれの働きは以下のようになります。

「自律神経 表」の画像検索結果
引用:楽々痛み研究会より (さらに…)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2019.08.08

ストレスは人それぞれ

ストレス。
皆さん感じてますか?
皆さん溜めてませんか?

毎日イライラしている人、
仕事の大変さを感じている人
そんな人はストレスを感じていると思います。

でも、そうじゃなくても
ストレスはかかっています。

便秘症、吹き出物、冷え性、頭痛、肩こり、腰痛・・・
これらの症状、ストレスからきていることが多いです。

私、ストレス無いのに肩こりだ。
こんな方も多いと思います。

でもこれは違います。

ストレスがあるから肩こりなんです。
ストレスがあるから腰痛なんです。
ストレスがあるから吹き出物が出るんです。

自分が毎日当たり前にしている家事が
実は嫌で積もり積もっていたり、
子供の進路のことだったり
家庭は幸せだが
ほんとはやりたいことがある

とか

自分では気づいていないけど
必ずあります。
ストレスって
外からの刺激に対する自分の反応
のことなので
生きてる以上
あるはずなんです。

そのストレスを
いかに受け流せるか
ため込まないかが
身体に影響が出るか出ないかの
違いです。

10あるストレスを
5しかストレスと感じない人
20のストレスに感じてしまう人

10のストレスを
上手く発散して1しか溜めない人
気が付かずに10溜めてしまう人

10のストレスを
上手く受け流し3しか溜めない人
真面目にすべて受け10溜めてしまう人

どれも前者は症状の出にくい人、
後者は体に症状が出やすい人です。

やたら元気なお年寄りとか
周りにいませんか?

そういう方は自然とこれを
やっているんですね。

後者の方に限って
私はこういう性格だから
と考えます。

でも、考え方ひとつ
とらえ方ひとつで
ストレスとの付き合い方が
変わる。体質が変わるなら、
自分の物事のとらえ方などを
もう一度見つめなおしても
良いと思います。

例えば、
布団を干すのがめんどくさい。
確かに布団を干すこと自体は
めんどくさいかもしれません。

では、何のために干すのでしょうか。
気持ちいい布団で寝たいから?
菌が気になるから?
あったかい布団で寝たいから?

そんな目的ですよね?
布団を干すという行為だけ考えると
ストレスになりがちですが
気持ちよく寝るために布団を干すというように
目的を意識して行動することでストレスは軽減します。
自分の目的が満たされるために行動しているからです。

腰痛や肩こりがいつまでも
変わらない方も同じかも。
腰痛や肩こりは体のクセを治すのも大切ですが、
ストレスに対するクセも変えていかないと
腰痛は取れても頭痛は残るみたいに
根本は変わらないのではないでしょうか。

あなたは前者?後者?
前者の方が絶対楽ですよ(笑)
今まで変わらなかったのなら
変えてみませんか?
あなたはまだまだ進化できますよ!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

営業時間・情報

049-236-3615
月~土;9:00~19:00
(19:00受付終了)
休み;日曜、祝日

 

LINE登録で問い合わせ
ご予約ができます!

友だち追加